MENU

機動力と提案力で
御社の販売戦略の力になります

〜デザインイメージをリアルタイムで直接検討できます〜

カーラの強みは正確性と機動性にあります。

◆正確性とは…
・お客様の意図を正確に表現できるデザインスキル
・お客様の顧客に正確に届くイメージ・メッセージ

◆機動性とは…
・1人のデザイナーがすべての打合せとプレゼンを行います。伝達プロセスがありませんので、正確で迅速なレスポンスが可能です。
・お客様から迅速な対応を求められる場合、PCを持ち込みその場でイメージを検討することも可能です。

従来のやりとりは…

デザインイメージをメールで送る→
「ここを修正して欲しい」→(数時間後)修正イメージを送る→
「もう少し大きくできない?」→(数時間後)修正イメージを送る→
「色も変えてみてくれる?」→(数時間後)修正イメージを送る→
「やっぱり前の方がいいかな」→(数時間後)修正イメージを送る…

リアルタイムでの検討なら…

デザインイメージを画面で確認しながら、
「ここを修正してみて」→その場で修正・確認
「もう少し大きくできる?」→その場で修正・確認
「色は変えられる?」→その場で修正・確認
「前のものと比較できる?」→その場で確認… を画面を見ながらリアルタイムで検討できます。

◆迅速に回答が欲しい
◆正確に意図を反映して欲しい
◆幅広いアイデアや提案が欲しい

…というお客様のご要望に、的確にお応えいたします。

デザイン本来の役割は
“わかりやすく伝える” こと

〜デザイン制作における当社の考え方〜

商品を販売するポイントは、まずその特徴やメリットを相手に「わかりやすく伝える」こと。
でも「わかりやすく伝える」ことは、簡単なように見えて、実はとても難しいことです。
プレゼンテーションできる時間やスペースが限られている中で、
なぜその商品やサービスでなければいけないのか、他社とどう違うのかを、簡潔に説明しなくてはなりません。

◆どういった順番で説明すればわかりやすいか、相手の心を捉えるか?
◆どれを選択して、どれを捨てるか?
◆どんなキャッチコピーが相応しいか?
◆魅力的に感じるレイアウトや写真になっているか?
◆それらが次のアクションに結び付くしくみになっているか?

そのためにも、まず媒体にどんな役割を持たせるかをはっきりさせ、
媒体の特徴に合わせた販促ツールを作成していく必要があります。

例えばWEBのようなネット媒体とパンフレットのような紙媒体では、
閲覧する場所や環境も違うので、それに合わせた作成方法をとる必要があります。
それぞれの媒体を特徴を活かしながら相乗効果を高めることが、
より効果的な集客や販売につながると考えます。

最新ブログ