1-7. ロゴマーク制作の3原則~わかりやすい・親しみやすい・印象深い

記憶を定着させるもっとも有効な方法は、
具体的なイメージや感情と結びつくことです。

例えば私の家の近所にある耳鼻科のマークは、コアラの顔をシンボルにしたもので、
子供がすぐに憶えてしまいました。

感情と結びつくには、複雑でわかりにくいものよりも、
シンプルでわかりやすく、親しみやすいものの方が効果的です。

文字タイプのロゴマークの場合は、制作する上での絶対条件として、
読みやすいこと(スペルがわかりやすいこと)があげられます。

社名やブランド名が長かったり読みにくいというハンディがある場合は、
図形タイプと組み合わせることでデメリットを回避していきます。

図形タイプは、具体的な表現が可能になってきますので、
ユーザーに印象づける効果は文字タイプよりも高いと言えます。
しかし差別化を意識するあまり複雑になりがちだったり、
抽象的で意味が伝わりにくいロゴマークも少なくありません。

デザイナーは、「シンプルかつ印象的なもの」という矛盾しがちなテーマを
解決していくことになります。

広報から販売促進まで、あなたの会社の即戦力になります

カーラは単にパンフレットやWEBを制作するだけではありません。御社の販促活動に何が不足しているのか、何を強化しなければならないかを根本的なディスカッションを交えてお客様と一緒に考え、デザインを進めていきます。いわばあなたの会社の広報部の役割を代行します。
販促ツールの制作をどこに依頼したらいいかわからない、計画をどう進めたらいいかわからない、といった企業様にとって、必ずお役に立てると思っています。
もし現在、販促やデザインに関してお困りの案件がありましたら、是非一度お話しをお聞かせください。