1-4. 「現状に相応しい」ロゴマークでは成長しない

ロゴマークを決定する段階において、
「このマークが現状に一番ふさわしい」という理由で選択することがあります。

でも私は、その決定はお勧めしません。
なぜかというと、ロゴマークは「中長期計画を達成するための象徴」と考えるからです。

ロゴマークは、目標の象徴でもあります。
たとえそれが、現状を維持していくという戦略であっても、
その先を見据えた目標がない限り力を発揮することはできません。

ロゴマークは、目標を推進していくための力の象徴でもあります。
つまり現状を打破するためのイメージリーダーなのです。

広報から販売促進まで、あなたの会社の即戦力になります

カーラは単にパンフレットやWEBを制作するだけではありません。御社の販促活動に何が不足しているのか、何を強化しなければならないかを根本的なディスカッションを交えてお客様と一緒に考え、デザインを進めていきます。いわばあなたの会社の広報部の役割を代行します。
販促ツールの制作をどこに依頼したらいいかわからない、計画をどう進めたらいいかわからない、といった企業様にとって、必ずお役に立てると思っています。
もし現在、販促やデザインに関してお困りの案件がありましたら、是非一度お話しをお聞かせください。