1-2. “意味のない”ロゴマーク

ロゴマークは、作ることに意味があるのではありません。
ロゴマークに何を込めるか、何を象徴させるかが大切なのです。

企業のロゴマークは、目標や理念の象徴(シンボル)です。
ですから、目標や理念が明確でないロゴマークは、
それ自体の持つ役割も明確ではありません。

ロゴマークは、企業の顔であり、社員や社長の分身でもあります。
「あなたの会社の理念は何ですか?」と聞かれた時に、
明確に端的に答えてくれるのがロゴマークです。

ブランドマークやサービスマークについても同じことが言えます。
「どのような人に、どのような商品やサービスを、どのようにして提供するのか」
という理念が明確化されていないと、ロゴマークは答えてくれません。

単に美しいから、カッコウがいいから、見栄えがするからといった理由で
デザインされたロゴマークは“飾り”であり、シンボルにはなりません。

あなたの会社のロゴマークは、どんな“意味”がありますか?

広報から販売促進まで、あなたの会社の即戦力になります

カーラは単にパンフレットやWEBを制作するだけではありません。御社の販促活動に何が不足しているのか、何を強化しなければならないかを根本的なディスカッションを交えてお客様と一緒に考え、デザインを進めていきます。いわばあなたの会社の広報部の役割を代行します。
販促ツールの制作をどこに依頼したらいいかわからない、計画をどう進めたらいいかわからない、といった企業様にとって、必ずお役に立てると思っています。
もし現在、販促やデザインに関してお困りの案件がありましたら、是非一度お話しをお聞かせください。