1-1. 具体的な将来像がロゴマークのパワーを生む

ロゴマークを制作する前に、私たちは
「どんな商品を、誰に提供する、どういう使命を持った会社か」
「今後どのような企業になっていきたいか」
ということをクライアントからヒアリングします。

この工程はとても重要です。
なぜならこのヒアリングによって、
ロゴマークの具体的なイメージを決定付けるからです。

ロゴマークは、「企業の未来の姿を写し出す鏡」だといってもいいでしょう。
すなわちロゴマークは、企業の将来像をイメージ化したものであり、
進んでいく方向・企業理念を先取りしたものだからです。

企業のロゴマークは、目標や理念の象徴=シンボルです。
ロゴマークを毎日目にすることで、
企業理念を再確認することにもなります。

そしてその目標や理念が、より具体的であればある程、
実現化していく力も大きくなるといえます。

広報から販売促進まで、あなたの会社の即戦力になります

カーラは単にパンフレットやWEBを制作するだけではありません。御社の販促活動に何が不足しているのか、何を強化しなければならないかを根本的なディスカッションを交えてお客様と一緒に考え、デザインを進めていきます。いわばあなたの会社の広報部の役割を代行します。
販促ツールの制作をどこに依頼したらいいかわからない、計画をどう進めたらいいかわからない、といった企業様にとって、必ずお役に立てると思っています。
もし現在、販促やデザインに関してお困りの案件がありましたら、是非一度お話しをお聞かせください。