何のために変わるの?誰のためのイメチェン?

人は自分をどう見せたいか、を必ず持っています。
例えば男性なら、女性に「カッコよく」見られたい、とか「上品に」見られたいと誰でも思うでしょう。女性ならみんな「美しく」「若く」見せたくありませんか?
会社だって同じです。取引会社やお客には「信用があるような」「実績があるような」イメージに見られたいという願望はどんな社長にだってあるはずです。
例えそれが現実から離れていたとしても、そのイメージや願望が明確であればあるほど、実現に向かう力も強くなります。

だから、「ウチはこんな会社だからデザインもこんなもんでいいや」っていう会社は、ロゴマークをデザインをするメリットはあまりありません。
明確な目標と願望、「誰々にこんなふうに見られたい」「こんなお客と付き合いたい」といったイメージを具体的に持つことが、ロゴマークに命と力を吹き込みます。

「幕府軍を倒す」という明確な目標があったから、新政府軍の「錦旗」は団結と力の象徴になり得たのです。
オリンピックの日の丸も同じ。日の丸は外国の選手に勝つための団結の象徴なのです。

ロゴマークは、会社の「明確な目標と願望」を伴って始めて強力なパワーを持ち始めます。
「ファミリーが楽しめるゴルフ場」というコンセプトに対して、具体的な目標・願望として、「子供がまた連れてきてと言う、帰りたくなくなる程楽しくなる総合アミューズメント型ゴルフ場」というイメージを設定するとどうでしょうか。ロゴマークのイメージもなんとなく想像できませんか?

今どうあるべきかではなく、イメチェンする目的(いつ、誰に、何を、どうしたいのか)を設定することで、ロゴマークは目標達成のための“象徴”になるのです。

 

広報から販売促進まで、あなたの会社の即戦力になります

カーラは単にパンフレットやWEBを制作するだけではありません。御社の販促活動に何が不足しているのか、何を強化しなければならないかを根本的なディスカッションを交えてお客様と一緒に考え、デザインを進めていきます。いわばあなたの会社の広報部の役割を代行します。
販促ツールの制作をどこに依頼したらいいかわからない、計画をどう進めたらいいかわからない、といった企業様にとって、必ずお役に立てると思っています。
もし現在、販促やデザインに関してお困りの案件がありましたら、是非一度お話しをお聞かせください。