キーワードはトータルコーディネート

ロゴマークは、よく「会社の顔」というふうに例えられます。
でも、顔だけを美しく化粧したからといって、着るものに全く無頓着では、せっかくの顔も台なしです。
逆に服装のセンスがいいと、顔の方は少々悪くてもごまかされてしまいます。

要は、“オシャレ”にはトータルコーディネートが大切なのです。
せっかくイメチェンするのに、印象が悪くなっては本末転倒です。
でも、その「コーディネート」ができてない所が案外多く目に付くのです。
それはなぜでしょう?

ロゴマークが“CIブーム”によって脚光を浴びてから、企業にとってのロゴマークの存在も大きくなりました。
それに伴い、ロゴマークの製造元も増え、どんなデザイナーでも、あるいは素人でも、マーク(のようなもの)を簡単に作れるようになりました。
ロゴマークを作ることがメイクアップすることならば、服装をコーディネートすることは、どんな目的で、どこへ行くか、どんな人に何をアピールするかを考えることです。 実はロゴマーク以上にもっと重要なことなのです。
これをハズすのは、友達の結婚披露パーティーに完璧にメイクアップしてジャージ姿で出かけるようなものです。
あるいは会社の重要な取引先との初会合に、ユニクロのジーンズで行くようなものかもしれません。

コーディネートには、多くの業種での経験や知識を必要としますので、メイクアップとは違ったテクニックやセンスが必要になります。
このデザインが、イメージの成功と失敗の大きな分れ目なのです。

ここで言う服装とは、ロゴマークを表示していく様々なデザイン物件のことです。ロゴマークは、展開する目的や意味(戦略)を考えてトータルコーディネートで開発しなければ、効力は発揮できません。

 

広報から販売促進まで、あなたの会社の即戦力になります

カーラは単にパンフレットやWEBを制作するだけではありません。御社の販促活動に何が不足しているのか、何を強化しなければならないかを根本的なディスカッションを交えてお客様と一緒に考え、デザインを進めていきます。いわばあなたの会社の広報部の役割を代行します。
販促ツールの制作をどこに依頼したらいいかわからない、計画をどう進めたらいいかわからない、といった企業様にとって、必ずお役に立てると思っています。
もし現在、販促やデザインに関してお困りの案件がありましたら、是非一度お話しをお聞かせください。